シールド材試験

KEC法(500Hzから1GHz)とは

KECで開発した電磁波シールド効果測定装置で、シート状の材料であれば比較的容易にその電磁波シールド効果を測定評価することができます。
測定装置は図1に示した電界シールド効果評価用と図2に示した磁界シールド効果評価用の二つがあります。

シールド効果評価装置

電界シールド評価用装置はTEMセルの寸法配分を取り入れ、その伝送軸方向に垂直な面内で左右対称に分割した構造になっております。但し、測定試料の挿入によって、短絡回路が形成されることを防止するために、中心導体の軸方向長さは切断面より2mmだけ短くしてあります。

磁界シールド評価用装置は、磁界成分の大きな電磁界を発生させるために、シールド型円形ループ・アンテナを使用し、90度角の金属板と組み合わせて、ループ・アンテナの1/4の部分が外部にでている構造になっております。
 
 

改良同軸管法(1GHzから6GHz)とは

KECと日本シールドエンクロージャー株式会社で共同開発した電磁波シールド効果測定装置で、シート状の材料であれば比較的容易にその電磁波シールド効果を測定評価することができます。
測定装置は図3に構造、図4に本体写真を示します。

改良同軸管法

改良同軸管法による評価用装置は、同軸管を、その伝送軸方向に垂直な面内で左右対称に分割した構造になっております。その分割した間に材料を挟み込むことにより短時間で1GHz超のシールド効果を測定することが可能です。
本装置は特許庁に平成25年12月10日に出願し、平成26年9月26日に特許を取得しております(特許第5619256号)。

 

測定可能材料

試験お申込みの流れ


●お問い合わせ(試験事業部)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)