電波暗室特性評価

EMCサイトの管理を支援いたします。
定期的な特性確認を実施することをお勧めします。
特性評価

サービス内容

短期間で高精度な電波暗室特性の客観的評価サービスを提供します。

NSA(ANSI C63.4)広帯域アンテナ法による評価:30-1000MHz (概算日数:1日)
・3m法または10m法
・中央、前後、左右5箇所
・水平偏波(高さ1.0m/2.0m)
・垂直偏波(高さ1.0m/1.5m)

SVSWR(CISPR16-1-4)法による評価 (概算日数:1.5日)
・1-6GHzまたは1-18GHz
・前、左右、中央4箇所
・水平偏波(高さ1.0m/2.0m)
・垂直偏波(高さ1.0m/2.0m)

ご要望に応じてNSA,SVSWR評価と合わせて暗室内の同軸伝送路の損失・インピーダンス特性評価を行い、同軸伝送路の劣化や損傷がないかを確認することが可能です。

評価結果の概要につきましては即日ご報告させていただき、後日評価成績書で報告いたします。

VCCI技術基準に従った登録やFCCへのファイリングのサポートが可能ですので、ご相談ください。

ご利用までの流れ・・・ご利用までの流れはこちらでご確認ください

●お問い合わせ(試験事業部)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)