けいはんな試験センター新電波暗室棟

このたび当センターでは、けいはんな地域に新電波暗室棟を建設し、平成29年4月より車載EMC評価用電波暗室1基と民生機器EMC評価用3m電波暗室1基の運用を開始しました。

新電波暗室棟の所在地

けいはんな新電波暗室棟は、現在のけいはんな試験センターの北西側に隣接しています。
従来からございますけいはんな試験センターと一体で運用しますので、利便性良くご利用いただけます。

けいはんな地図 新電波暗室棟

車載用小型電波暗室(第13電波暗室)

車載EMC試験に適した電波特性を有しております。
測定作業環境を改善するため照明にはすべてLED照明を使用しており、従来と比較して明るく清潔感のある測定環境で作業を行えます。

車載暗室内部写真 車載暗室内部写真

車載用小型電波暗室仕様

暗室サイズ(奥行×幅×高さ) 7.0m × 6.5m × 3.6m(シールド内寸法)
5.8m × 5.3m × 3.0m(有効寸法)
計測室の寸法(奥行×幅×高さ) 4.0m × 6.5m × 2.0m(シールド内寸法)
搬入扉 2.0m × 2.0m(段差なしスイング方式)
電波特性1 NSA ANSI C63.4 2004(30MHz~1000MHz)
テストボリューム:1.5m
理論値に対して±3.5dB以内
電波特性2 CISPR25 第4版(150kHz~2.5GHz)
全周波数帯域の95%が6dB以内
遮蔽効果 磁界(150kHz~30MHz)100dB
電界(150kHz~30MHz)100dB
平面波(30MHz~18GHz)80dB
電源遮断(9kHz~10GHz)80dB
電源容量 CVCF12kVA(3相4線式、単相3線式、単相2線式)
DC60Vmax, 30A
設備 監視カメラ(4K対応 固定式1台・可動式1台)

対応可能な試験内容

車載用小型電波暗室では、以下の設備を導入しております。
代表的な対応規格を記載しておりますが、それ以外にも自動車メーカー各社の試験規格にも対応しておりますので、お気軽に当センターiNARTEエンジニアにお問い合わせ下さい。
今後もさらに設備を追加し、新しい試験に対応してまいります。

試験・測定項目 対応規格・スペック 主要計測器
伝導エミッション測定 CISPR25, 各社自動車メーカー規格
150kHz~108MHz
Rhode&Schwarz社製
ESW8
放射エミッション測定 CISPR25, 各社自動車メーカー規格
150kHz~2.5GHz
Rhode&Schwarz社製
ESW8
放射イミュニティ試験 ISO11452-2、各社自動車メーカー規格
400~4GHz, 200V/m
レーダー帯域 600V/m
電力増幅器 R&K社製

3m法対応中型電波暗室(第14電波暗室)

ANSI C63.4-2014やCISPR16-1-4で要求されている電波特性を有しております。
通常の正規化サイト減衰量だけでは電波暗室の伝搬特性を規定することが難しいため、今回は別途ハイトパターン特性を規定することにより、可能な限りオープンサイトに近い特性が得られております。
また、測定作業環境を改善するため照明にはすべてLED照明を使用しており、さらに供試装置から発生している妨害波を電波暗室内に設置しているプロジェクタで映し出して大画面でEMC対策を検討できるため、従来と比較して明るく清潔感のある測定環境で作業を行えます。

民生暗室内部写真 民生暗室内部写真
民生暗室内部写真 民生暗室内部写真

3m法対応中型電波暗室仕様

暗室サイズ(奥行×幅×高さ) 12.0m × 9.0m × 6.0m(シールド内寸法)
10.8m × 7.8m × 5.6m(有効寸法)
計測室の寸法(奥行×幅×高さ) 4.0m × 6.0m × 2.0m(シールド内寸法)
計測室扉 1.2m × 2.0m(段差なしスイング方式)
搬入扉 2.0m × 2.0m(段差なしスイング方式)
回転台 直径2.0m(耐荷重2.0t, 有限/無限回転切換え可能)
昇降装置 走査範囲 0.9~4.2m
電波特性1 NSA ANSI C63.4-2014(30~1000MHz)/ 広帯域アンテナ
テストボリューム:2.0m
理論値に対して ±2.5dB以内
電波特性2 NSA VCCI技術基準V-3/2015.4(30~1000MHz)/ ダイポール
理論値に対して ±2.0dB以内
電波特性3 SVSWR CISPR16-1-4(1~18GHz)
テストボリューム:2.0m
1~6GHz :4.0dB未満 / 6~18GHz: 4.0dB未満
電波特性4 標準ダイポールアンテナによるハイトパターン測定
30, 50, 400, 1000 MHz(4周波数、水平偏波、垂直偏波)
理論値との偏差
・30MHz, 50MHz, 400MHz 極小値±30cmの範囲 ±3.0dB以内
・1000MHz 最小値+6dB以内の極小点で 極小値~+6dBの範囲 ±3.0dB以内
遮蔽効果 磁界(150kHz~30MHz)100dB
電界(150kHz~30MHz)100dB
平面波(30MHz~18GHz)80dB
電源遮断(9kHz~10GHz)80dB
電源容量 CVCF12kVA(3相4線式、単相3線式、単相2線式)
スライダック6kVA
設備 監視カメラ(4K対応 固定式2台・可動式1台)

対応可能な試験内容

3m法対応中型電波暗室では、以下の設備を導入しております。
代表な対応規格を記載しておりますが、製品群規格にも対応しておりますので、お気軽に当センターiNARTEエンジニアにお問い合わせ下さい。
今後もさらに設備を追加し、新しい試験に対応してまいります。

試験・測定項目 対応規格・スペック 主要計測器
伝導エミッション測定 CISPR11, CISPR32, ANSI C63.4等
9kHz~30MHz
Rhode&Schwarz社製
ESW26
放射エミッション測定 CISPR11, CISPR32, ANSI C63.4等
9kHz~26.5GHz
Rhode&Schwarz社製
ESW26
放射イミュニティ試験 IEC61000-4-3
80MHz~6GHz, 10V/m
80~1000MMHz, 20V/m
電力増幅器 R&K社製

●お問い合わせ(試験事業部)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)