電気用品安全法「電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈」の一部改正についてのお知らせ(12月28日付)

2022年2月3日
令和3年12月28日付で、「電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈について」および
「電気用品の範囲等の解釈について」の一部改正が行われました。

改正の概要は以下のとおりです。

改正対象

1.解釈別表第八
2.電気用品の範囲等の解釈について

改正概要

<殺菌灯を有する電気消毒器の安全対策>

殺菌灯を有する電気消毒器について、器体外に直接殺菌灯の光線を照射する構造のものが急速に普及しつつあるため、電気消毒器の安全上必要な技術基準を技術基準解釈に追加するとともに、器体外に照射する電気消毒器が電気用品安全法の規制対象であることが明確化された。

1.解釈別表第八

電気用品名:電気消毒器[別表第八の2(21)]

[改訂内容]
器体外に直接照射するものについて、以下の旨の要求事項を追加。
a) JIS C 7550 に規定の「目及び皮膚に対する紫外放射傷害」リスクが免除グループであること
b) JIS C 7605 の箇条9.1に規定の警告表示をすること

2.電気用品の範囲の解釈について

電気用品の範囲等の解釈に、「電気消毒器」とは殺菌灯が組み込まれるものであって、器体の内外部に殺菌灯の光線を照射することによって消毒の用に供されるものである旨が追加された。

施行日

令和3年12月28日
※ただし、この通達の施行の日から1年間は、なお従前の規格を使用することができます。

上記に関する詳しい内容については「経済産業省 電気用品安全法のページ」で公表されております。
「新着情報:令和3年12月28日」の部分をご参照ください。

●お問い合わせ(EMC・安全技術グループ 安全試験チーム)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)