携帯送信機近接試験用アンテナ導入のお知らせ

2016年7月27日
⾃動⾞搭載機器では、携帯電話などの送信機に対するイミュニティ試験が要求されております。従来は試験周波数ごとにアンテナを交換するか、VSWR を調整しながら広帯域アンテナを使⽤する必要がありましたが、ノイズ研究所製の薄型プレート広帯域アンテナを導⼊することで、⼿間を省き効率良く試験を実施することが可能となりました。
広帯域にわたりアンテナ特性が優れておりますので、従来よりも短時間で的確な試験が実施できるようになりました。
外観

アンテナの仕様
メーカ ノイズ研究所
型式番号 NKU07M32G
周波数範囲 700MHz–3.2GHz
⼊⼒耐電⼒ 30W
VSWR 2.0以下
アンテナ部の⼤きさ ⾼さ186mm 幅50mm 厚さ8mm
重さ73.5g

●お問い合わせ(EMC・安全技術グループ)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)