太陽光発電パワコン用DC電源容量拡大のお知らせ

2016年7月27日

当センターは太陽光発電パワーコンディショナEMC試験能⼒向上に継続的に取り組んでいます。
従来は、12kWまでのパワーコンディショナに対応しておりましたが、⽇本カーネル社製の太陽光発電⽤DC電源を増設し24kWまで供給可能となりました。
また単相・3相対応25kWの抵抗負荷も導⼊いたしましたので、20kW超のパワーコンディショナであっても、試験品だけを当センターにお持ち込みいただければEMC試験を⾏うことができます。
あわせてCISPR11 Ed.6.0で規定されたPV LISNも所有しておりますので、国内だけでなく海外向けの製品も測定が可能ですので、お気軽にご相談ください。

DC電源の仕様

外観

メーカ Kernel
型式番号 PVU-1403
出⼒(1台当たり) DC450V, 2.4kW (Max)
直並列組合せ可能
制御⽅式 PC からのLAN 制御
所有台数 12台,DC200V 以上で24kW

【参考】 PV LISN(DC 擬似回路網)の仕様

外観

メーカ Schwarzbeck
型式番号 PVDC8301
周波数範囲 150kHz–30MHz
⼊⼒耐電⼒ DC1500V,200A
インピーダンス特性 コモン:150Ω
ディファレンシャル:100Ω

●お問い合わせ(EMC・安全技術グループ)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)