JNLA制度に基づく試験

JNLAとは、Japan National Laboratory Accreditation systemの略称であり、工業標準化法(JIS法)に基づく試験事業者登録制度です。

この制度は、国際標準化機構及び、国際電気標準会議により定められた試験所に関する基準(JIS Q 17025 [ISO/IEC 17025])への適合性を審査し、適合する試験事業者を国が登録する制度です。

当センターは工業標準化法試験事業者登録制度に基づく登録試験事業者で、絶縁試験方法他2件の登録を受けています。
また、APLAC及びILACの相互承認の署名者であるIAJapanにより認定された試験所であり、認定国際基準に対応しています。
試験結果には、下記のILAC MRA組み合わせ認定シンボルがついた試験証明書を発行することができます。
(JNLA 070237JPは当センターの認定番号です。)

JNLA
 

認定番号 JNLA 070237JP
電気製品区分 JIS C 6065(オーディオ,ビデオ及び類似の電子機器)
JIS C 6950-1(情報技術機器)
認定区分 下表の通り3区分

試験方法の区分の名称 製品試験に係る日本工業規格の番号、項目番号及び記号
絶縁試験 試験方法規格
JIS C 6065 10.2 及び 10.3
JIS C 6950-1 5.2
外観・構造試験 試験方法規格
JIS C 6065 5 及び 13
(ただし、附属書J の代替法 及び 13.3.4 過渡電圧の測定を除く)
JIS C 6950-1 1.7 及び 2.10
(ただし、附属書Gの代替法 及び 2.10.3.9 過渡電圧の測定を除く)
温度試験 試験方法規格
JIS C 6065 7
(ただし、表3に適用する条件f(ビカット試験)を除く)
JIS C 6950-1 4.5
(ただし、4.5.5 異常状態の熱に対する耐性を除く)




●お問い合わせ(試験事業部)

お問い合わせ(メール) お問い合わせ(電話)